一日一生

2010年2月にリニューアルしました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お久しぶりです。

3ヶ月ぶりくらいかな?
オリンピックのショック以来、かなり放置してしまいました。

アジアシリーズもまだ決着してませんが、
今年のプロ野球に関して。

オリンピック、日本シリーズともに、
個人的には采配に疑問の残る年となりました。

采配に関しては結果論。
分かってるんですが、やっぱり後悔してしまうものです。

どちらも、最終戦は生で見ていました。
(オリンピックは仕事のある平日昼間ですが(笑))
共通していたのは、ピッチャーの起用でした。

原監督、星野監督共に、経験面で言えば、
甲乙つけがたいと思います。
それなのに、何故こんなに世論とかけ離れた采配をしたのか?

やっぱり原因は、「その現場の空気」そのものなんだと思います。

自分の仕事でも、他の人から見たら、
「あいつなにやってんだ?」
ってなことはきっとたくさんあるんだと思います。

どんな事でも、世の中、「勝てば官軍」なんですよね…
無理矢理野球と重ね合わせてますが、
特に今年、野球観戦と共に感じたことです。

来年もWBCがあります。
勝てる、と信じてますが、
一喜一憂せずに、もう少し大人な観戦をしたいと思います。

以上、2008年プロ野球の簡単な感想でしたヾ(゚ω゚)ノ゛


追記:西武勝ってたみたいですね。おめでとうございます(^^
スポンサーサイト
こんばんわ。

今日は北京五輪日本代表の初戦について、
簡単にですが、素人目に見えた今日の采配に関して物申します。


【北京五輪予選第一試合】

日本2-4キューバ

2回裏、ボール先行のダルビッシュから、
キューバが先制。日本追いつく。
3回、4回、5回表…、同じ状況が続きます。

問題の5回裏。

結果論になりますが、
短期決戦で勝ちたいなら、
回の頭でダルビッシュは交代させるべきだと思いました。

初回以外、毎回ヒットを許し、
4回以外は全て先頭打者を出す。

シーズン通しての采配であれば、普通でしょう。
エースを2失点では代えられません。
しかし、相手はキューバ…

百歩譲って、予選リーグということもあり、
負けてもチャンスがあるとしたなら、この続投は別にいいです。

次の問題は、

成瀬にスイッチしたことだと思います。
成瀬は凄くいい「先発」ピッチャーです。
彼の力を最大限に使うなら、回の頭に選んであげて欲しかったです。

よって、藤川、もしくは岩瀬を選んで欲しかった…

今回のメンバーであれば、
誰でも回の頭からであれば安心して任せられると思うんです。
しかし、ランナーがいる場面ではそうはいかないと思います。

24人しか選べない状況では仕方ない面もありますが…

あと配球です。

代わった成瀬は、初球空振りを取る素晴らしいストレート。
でもそれをなんで4球も…

ロッテコンビのバッテリーですし、
あまり配球にはどうこう思いたくないのですが、
そこは気になりました。

なんでこの5回に関してばかりずらずら書くのかと言いますと、
もし、この回が1点ですんでいたなら、

足の負傷を押して3回目のヒットを打った川崎。
その次の西岡がゲッツー。

こんな流れにはならなかったのではないのかと思います。
もし1点差であれば恐らくバント→青木に託すという流れだったと思います。

後はあんまり関係ないかもしれませんが、

星野監督にはもう少し、一喜一憂しないで、
どっしり構えて欲しいです。
傍から見ると、監督が一番雰囲気に飲まれてるように見えます。


改めて、結果論であることは百も承知です。
でも言いたくなったので久しぶりに書きました。

最後の五輪野球。
意地でも金メダルが欲しいと思います。


以上、気持ち悪い野球マニアの独り言でした|Д´)/~~
こんばんわ。

また永らく放置してしまったので間を繋ぐため更新です( ゚∀゚)

GWということもあり家でまったり過ごしているのですが、
巨人が不調で少しがっかり気味です(´・ω・`)

暗い話題
1.李スンヨプ2軍落ち
2.上原絶不調で2軍落ち
3.高橋由伸腰痛で2軍落ち
4.二岡復帰目処立たず
5.ついでに豊田も
6.阿部元気なのに大不振

明るい話題
1.亀井、坂本の新1,2番
2.新セットアッパー山口
3.助っ人が思ったより安定
4.最近やっと打線復調気味

他にも、原監督のバントばっかやらせる采配もどうかと思うし…
まあ采配は結局結果論だから批判はしたくないんだけど…
なにはともあれ、由伸・二岡・上原の3人には早く戻って欲しいです。


以上、次回はクライシスコアの攻略感想でも書きますか( ・∀・)
さて、あまりにアダルトサイトに攻撃されている為、簡単に更新します。


現在日本にて行われております、

「巨人・阪神 対 レッドソックス・アスレチックス」

これ自体は非常に楽しんで見ています。


でもさ、


WBC以来、日本はメジャーの2軍みたいなイメージが余計に大きくなってきてる気がします。

ヨーロッパでプロ野球機構を新設する流れと共に、

アジア(日本・韓国・台湾・中国)も統合していくなんて話も…


WBCで世界一になったのは日本。

五輪でもメダル常連。

アマチュア、プロ共に、これだけ世界に誇れる競技も少ないはず。


もう少し日本野球にも夢と誇りを。


そんなことを考えた日曜の午後。

今日も必死にFF7クライシスコアをプレイしております( ´・ω・`)ノ~
またまた久しぶりになってしまった…。゚(゚´Д`゚)゚。

最近の忙しさ+精神的な病みっぷり+ネット環境最悪
っていう循環がブログというか、家でパソコンに向かう気力自体を無くしてます。
今日は久々に家でゆっくり出来てるので、更新しやす。




さて、前回は混戦セリーグを中心に、シーズン順位の予想をしましたが、

今回はその結果発表です。


<セ・リーグ>

1.巨人→○(リーグ優勝)
2.阪神→×(3位)
3.中日→×(2位、日本一)
4.横浜→○
5.ヤクルト→○
6.広島→○


巨人:救世主野間口の出現もあり、なんとか逃げ切り。
高齢の選手が多いせいか、シーズン終盤の弱さを露呈してしまいました。
打線も投手も、若い選手の見直しを。
ちなみに昨今色々言われてるFAとかの補強問題ですが、
俺は日本に1つか2つくらいはこういうチームも有りだとは思ってます。
まぁ生え抜きの選手が活躍するのに越したことは無いですけどね( ・∀・)

阪神:明らかにバテましたね。打線の調子が落ちました。
あんまりフルイニング出場にこだわる時代じゃ無い気がするんだけどなぁ…
久保田乙。

中日:恐れ入りました((((;゚Д゚)))
若手、ベテランと、冷静に見ればやはり福留抜きでも凄いチーム。
リーグ優勝も紙一重の差で、何より半世紀ぶりの日本一、おめでとうございます。

横浜:寺原他、投手陣奮闘。
村田も初の本塁打王。
クルーン流出の危機も、終盤は打ち込まれていただけに、良い転機かも。
円熟期を迎える選手が多く、来期が怖い。

ヤクルト:Fプロジェクトの終焉。
石川の復活、青木の2度目の首位打者等、明るい話題もあるが、
全体的にまだまだ戦力不足。
来期は、古田、石井一、高津、ラミレス、グライシンガー…、
全員抜けて別のチームになりそうです。またいっぱい外人入るのかなぁ。

広島:戦力不足です。
黒田、新井も抜け、来期は大竹、栗原中心のチーム作りか。
何にせよ、補強を批判する人は全員広島ファンになってみればいいのに。
阪神から移籍の喜田に密かに期待。


<パ・リーグ>

1.日ハム→○
2.ロッテ→○
3.ソフトバンク→○
4.西武→×(5位)
5.楽天→×(4位)
6.オリックス→○


日ハム:満点沢村賞投手ダルビッシュ。向こう何年も日本球界で活躍して欲しいですね。
稲葉は35歳にして初の首位打者を獲得。田中賢は最多犠打獲得。
それにしても、未だにリーグ優勝したのが不思議なチームでした。
数ヶ月前にあった新庄現役復帰説は果たして…

ロッテ:里崎中心に、まとまりあるチーム力で戦いきりました。
TSUYOSHIの3割到達。福浦の復帰。渡辺俊の復活。
来年はさて…?

ソフトバンク:最後まで打線が低調。
終わってみれば、血の入れ替えに終始した一年の様に見えました。
来年こそ、多村松中に期待。

西武:26年ぶりBクラス。しかも5位。
球団がごたつき、松坂が抜け、怪我人も続出。
打線も低調で、先発陣も涌井、岸頼みでした。
常勝球団も、今年は一休み。来年は復活を期待したいです。

楽天:なんと4位。念願の最下位脱出を果たしました。
田中二桁、山崎2冠達成。一場、岩隈にも目処がつき、抑えも小山の台頭。
来年は岩隈、田中、一場、朝井、林…と、右投手はほぼ完璧。次の課題は左の先発か。

オリックス:結局、ぶっちぎりの最下位のオリックス。
清原とかローズとかに気を使ってる場合かなぁ?
来年も多くの期待は出来なそう。まずはチームとしての方針を決めて欲しいところ。



っと、総括してみました。
個人的には高橋由も復活して、ペナント自体も接戦で楽しめました。
メジャーも好きだけど、やっぱり日本のプロ野球も盛り上がって欲しいですヽ(`Д´)ノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。